なぜ?どうして?RIZAPの大赤字!

株式初心者の練習方法
スポンサーリンク

フィンカム読者「ポテトーン」です。RIZAPの話題、確認しましたか?「RIZAP赤字転落へ M&Aを原則凍結」という記事です。今さら、何を言ってやがるんですか。

なぜ?どうして?RIZAPの大赤字!!

現在ライザップは札幌証券取引所アンビシャスに上場しています。ちょっと前まで、来年あたりに東証一部へ上場するか!という話題が世間を賑わせていました。TVの取材でも、カルビーから代表取締役に招いた松本晃氏が瀬戸健社長のことを「彼は人たらしで、それに乗せられてライザップへ来た」などと申しておりました。

あの放送から数か月でM&Aがうまく行っていないので、少々控えるように、とアドバイスしたのはなぜなのでしょうか。

TVでは、ライザップの瀬戸社長は「エンジニア」を数多く採用していることが報告されていました。CIO(システムの最高執行責任者)は、元ユニクロ(ファーストリテイリング社)の部長さんです。

彼らをスカウトしているのは、ライザップの社長です。ライザップの社長は、日本国内で優秀な人材を自社に引き入れることが自身の役目であると公言しています。

個人的に興味深いM&A先に「ジーンズメイト」があります。ジーンズメイトといえば、数十年前では、全国の小中学生の憧れの身近なアパレルショップであり、このお店で買うことはちょっとしたステータスでもありました。
何を血迷ったか、途中でアパレル業界では珍しく24時間営業するという無謀な経営戦略を打ち出した際には、「頭悪いんだろうな」と思いながら、傍観していました。
それでも毎年、「今年度のジーンズメイトは赤字」という業績報告があるたびに、あと何年頑張れるのだろうかとワクワクしながら、鑑賞していました。

そんなジーンズメイトも、今ではすっかりライザップグループの一員です。ちゃんと、貢献しているのかは、無駄な親心ですが、気になるところです。

RIZAP瀬戸社長の生い立ち

ちょうど今日の朝の情報番組では、瀬戸社長のこれまでが紹介されていました。それによると、北九州のパン屋の次男で、中学校の時に告白された70㎏のぽっちゃり系彼女が「痩せたい!」という思いに付き合い、励ましながらダイエット支援したところ、すっかり美人になって捨てられた、というオチです。

その後、大学を中退し、企業スクールに通って、健康食を製造販売する会社を立ち上げたようです。
会社の立ち上げと同時に結婚をし、引き出物に出した「パパと一緒に作ったおからクッキー」の評判がよく、これが会社の主力商品へ。1000億円の売上となるものの、ブームが過ぎ去る中、新たな事業として立ち上げたのが、あのフラれたきっかけともなったダイエット。
「結果にコミットする」というキャッチフレーズを社長自ら掲げた「RIZAP事業部」のCMは、最近の「ハズキルーペ」同様、CM戦略が功を奏しました。

2005年1月には、本社を東京都中野区東中野二丁目に移転していたこともあり、中野区が誇るべき企業であるとも言えます。この赤字をきっかけに、もう一度中野区に戻ってきなさい。

スポンサーリンク

RIZAPのグループ企業は玉石混交

RIZAPグループの企業はM&Aを積極的に実施していることもあり、良いものも悪いものも入り乱れた玉石混交で、その数は20社を超えます。

主な企業は以下の通り。ぱどで人材広告出したことあるし、ジーンズメイトでお買い物したこともあります。IDEAといえば、かつてはおしゃれ家具ショップでした。

株式会社ぱど

北斗印刷株式会社

株式会社ご馳走屋惣兵衛

株式会社サンケイリビング新聞社

株式会社ジーンズメイト

株式会社イデアインターナショナル

株式会社HAPiNS

この先のRIZAP

株主総会で、社長は無理なM&Aがうまく行っていない点を認め、ごめんなさいをしました。まだ40歳の若い経営者ですので、これまでの運営は勉強代として考えることができます。今後は、元カルビーのプロ経営者の指導の下、一層会社・社会を盛り上げてくれることと思います。

瀬戸社長の基本的な考え方は「自信をもって生きる」ということを提供する会社です。自信をもって生きるために努力するダイエットも、三日坊主になりがちです。そんな「三日坊主市場」をターゲットにしているのがRIZAPですし、これをサポートするのがトレーナーであるRIZAPであるのです。

結果のコミットするため、あなたに付きっ切りになる会社はそうそうありません。これがRIZAPが支持されてきた理由でもあります。

現在では、ゴルフや英会話、料理教室など三日坊主で終わってしまう「生きがい」にもフォーカスしています。経営の定石として、M&Aは自社の強みに関連した企業に限ります。

今のところ、RIZAPの強みは瀬戸社長の「人間性」にあります。これを企業文化として、働く一人一人に浸透させながら個人から組織へと変化していくことでしょう。グループ会社の整理がつけば、再び上昇に転じることは容易に想像できます。(とはいえ、排除される不採算企業の皆様には気の毒ですが・・・)

改めて、美と健康にフォーカスした三日坊主市場に特化した企業を目指すべきでしょう。個人的にジーンズメイトが、きっとポイ捨てされるのだろうなぁ、と思いながらも、次回は、「勝手にジーンズメイトの経営改善計画」でも作ろうかと考えています。(ユニクロを意識しすぎて、あっさりとした企業ロゴにしたのは失敗ですからね)

RIZAPでグループ会社の企業経営したいなぁ・・・。

コメント