【2021年最新版】日経新聞を無料で読む方法 楽天証券の日経テレコン

家計の節約
スポンサーリンク

この記事の年間節約金額:約5万円

新聞って結構高いですよね。
私は7年位前まで紙の新聞を取っていましたが、古新聞は溜まるし、外出先で読むにもかさばるしで辞めました。その後は日経電子版を契約してスマホで読んでいましたが、日経電子版は紙の新聞とほぼ値段が変わらないんですよね。
もっと安くできないかなぁと探していたら無料で読む方法があったので紹介したいと思います。

日経テレコンを活用する

楽天証券は口座所有者へのサービスとして日経新聞が読める「日経テレコン21」を提供しています。
日経テレコンは通常は有料サービスで利用料も高いです。楽天証券が提供する日経テレコンはフル機能ではなく制限機能版として提供されているようです。しかしその内容は十分なものです。

日経テレコンで読める新聞

  1. 日本経済新聞(朝刊・夕刊)
  2. 日経流通新聞(MJ)
  3. 日経産業新聞
  4. 日経地方経済面
  5. 日経プラスワン

なんと5種類の新聞が無料で読めます。
閲覧期間は当日含めて3日間です。
日経新聞だけでなく日経MJや日経産業新聞も読めるところがとても優れているポイントと感じます。

対して日経電子版で日経新聞を購読する場合は月額4,277円かかります。その他の新聞は追加料金を払うことで見られます。MJ電子版は+1,018円、産業新聞電子版は+1,527円となるので、合計6,822円です。
ちなみに紙の新聞で購読すると、日経新聞4,900円、MJ 2,300円、日経産業新聞 4,000円と合計11,200円です。

日経テレコンで使えるその他のコンテンツ

  1. 日経速報ニュース
  2. 記事検索

楽天証券で提供する日経テレコンのコンテンツは新聞以外にも速報ニュースと記事検索があります。
また、過去の記事検索は最大過去1年分を検索できます。先ほどの5種類の新聞と速報ニュースを検索対象にできます。

スポンサーリンク

記事検索画面

日経電子版vs日経テレコン

日経電子版

月額料金は日経電子版のみの契約で4,277円です。(2021年8月29日現在)
日経電子版はスマートフォンで読むことを前提に作られています。また、新聞そのものを電子化した紙面も見ることができます。気になるキーワードを自動でピックアップしたりしおりを付けたりと機能は至れり尽くせりです。記事も読みやすくレイアウトされており、ユーザーフレンドリーな設計がされています。

日経テレコン

楽天証券口座を開けば料金は0円です。
日経テレコンはもともと記事のデータベースです。資料として過去の記事を検索したり、何らかの調査の一環で検索したりする用途のサービスです。
従って、スマホで読むことに特化している訳ではありません。

結局どっちがいいのか?

日経電子版は確かに使いやすいのですが、月額料金は4,277円です。

日経テレコンは0円です。確かに電子版ほど便利ではありませんが、不便でもありません。楽天証券の日経テレコンは「iSpeed」というアプリを入れればスマホからも簡単に読めるようになっています。しかも読める新聞の数も多いです。

料金差を考えると日経テレコンに軍配が上がると思います。

日経テレコンを使える証券会社一覧

  1. 楽天証券

楽天証券のみが日経テレコンを提供しています。

以前は大和証券と丸三証券も無料で日経テレコンを提供していました。残念ですが今はサービス終了しています。

  • 大和証券は2019年12月20日(金)18:00頃をもってサービス終了しました。
  • 丸三証券は2020年12月28日(月)夕刻をもってサービス終了しました。

楽天証券の日経テレコン

楽天証券
利用料無料
読める新聞日本経済新聞
日経流通新聞(MJ)
日経産業新聞
日経地方経済面
日経プラスワン
記事のPDF表示
記事検索期間1年
スマホ対応
アプリからのアクセス
新聞以外のコンテンツ日経速報ニュース
記事検索

楽天証券のポイント

  • スマートフォンアプリ「iSpeed」から日経テレコンを使うのは無条件で無料
  • PCで使うときは「マーケットスピード」という専用ソフトからアクセスが必要
  • マーケットスピードは条件を満たすと利用料が無料になる
  • 口座管理料がかからない
  • 売買手数料が100万円以下無料

マーケットスピードの無料条件

・はじめてマーケットスピードをご利用いただくお客様は、利用申請から3か月無料!
・楽天FX取引口座、信用取引口座、先物・オプション取引口座のいずれかを開設済みのお客様は、申請不要でご利用可能!
・お預かり資産残高の条件、30万円以上で無料!
・楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ・自動入出金(スイープ)」を設定をすると、利用申請から無料!

※楽天証券「マーケットスピード」より。

スポンサーリンク

楽天証券のアプリ「iSpeed」からのアクセス方法

これから日経テレコンへのアクセス方法を紹介します。

  • まずは「iSpeed」アプリをインストールしてログインしてください。
  • AndroidアプリもiOSアプリも以下の操作で日経テレコンに行きつけます。

注意:iOSの場合、iPhone版とiPad版のアプリがありますが、お使いの端末がiPadでもiPhone版をインストールしてください。iPad版は日経テレコンに行くボタンがありません。

1.iSpeedを開くと以下の画面が出てきます。画面右下のメニューを押します。

 

2.少し下にスクロールすると「日経テレコン」ボタンが出てくるのでこれをタップします。

 

3.確認ボタンが出てくるので「はい」をタップします。

 

スポンサーリンク

4.日経テレコンの確認画面が出てくるので「同意する」を押します。

5.すると以下の画面が出てきて日経速報ニュースが流れています。きょうの新聞をタップします。

 

6.すると以下の画面に移り、日経新聞が出てきます。左の日付をタップすることで3日分の新聞が見られます。新聞名をタップするとMJや産業新聞が見られます。記事にチェックを入れて「本文を表示」をタップします。(記事タイトルのクリックでもOK)

 

7.すると以下のように記事がテキストで出てきます。右のPDFをタップするとPDFの新聞記事を見ることができます。(図の本文はぼかしてあります)

スポンサーリンク

まとめ

楽天証券は売買手数料も安く、投資信託や外国株なども購入できる総合ネット証券会社です。手数料も安いです。
日経新聞の月額料金が浮いたのは楽天証券のおかげなので、楽天証券で日経新聞の月額料金以上は資信託で積立しています。楽天カードで投資信託を積み立てるとポイントもたまってお得です。証券口座だけ作って日経テレコンだけ使っていたら赤字でしょうから、少しでも自分の利益を還元したいという思いからやってます。かつては楽天証券以外の証券会社もこのサービスを提供していましたが、なくなってしまいました。残るは楽天証券だけなので、長く続いて欲しいサービスです。新聞読むだけではなく、皆さんが少しでも楽天証券口座を活用してくれるといいのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました