2019年5月1週目の成績発表! GWはなーんにも起きなかった

2019 トレード状況投資日記
2019 トレード状況
スポンサーリンク

今週の概況

こんにちは、くろたろうです。
今日6日がGW最終日の人も多いのではないでしょうか?私もそうです。私は割とインドアなGWでしたが、充実した日々を過ごせました。先週の投資日記で「今週はFXをやるぜ!」と息巻いていた私ですが、相場に大した動きが無かったので取引をする事はありませんでした。ずっと見てたんですけどね。

さて、GW中の海外の相場の動きを一緒にチェックしてみましょう。

まずはNYから。チャートの真ん中から左がGW前、右がGW中。
ダウはGW中は乱高下する場面がありましたが、きちんと持ち直しました。本当の正念場は今夜からになりそうです。本日、トランプ大統領が対中関税を10%⇒25%に引き上げ、2000億ドル規模の追加関税を課すそうです。米中対立は「解決するのでは?」との楽観的な見方から株価が上昇していた面があります。本当に関税引上げをするのだとしたら、暴落不可避かなという気がします。

NYダウ 10日間

NYダウ 10日間

次は中国。こちらはもうすでにトランプ発言の影響が出てきています。
香港ハンセン指数は先週金曜日比で一時1000ポイント近い下落です。

香港ハンセン 10日間

香港ハンセン 10日間

上海総合はずっと下がっていましたが、6日は落ち方に磨きがかかっています。
香港も上海も、この記事作成時点でまだ市場が閉まっていないので、どこまで戻せるか終値に注目です。

上海総合 10日間

上海総合 10日間

次はヨーロッパ代表のドイツ。相変わらず右肩上がりの相場を続けています。
ヨーロッパは年明け以降、フランスやイギリスも堅調です。
ただ、ヨーロッパももうすぐ市場が開くので、どのような影響があるか注目です。

ドイツDAX 10日間

ドイツDAX 10日間

次は為替を見てみましょう。

まずはドル円。GWは1円の変動幅もありませんでした。非常に安定していたのですが、6日の朝に崩れました。円が売られているというよりも、ドルが買われているようです。

USドル/円 10日間

USドル/円 10日間

最後は日本人が大好きなトルコリラ円。
順調に下がっています。政情は不安定、物価も高インフレが続き、経済成長もマイナス転落。ロシアにすり寄り米国との関係は悪化してきており、EUに加入することもできない。独裁政権が誕生しており急速にイスラム化が進んでいるトルコ。残念ながら買う理由がありませんね。

トルコリラ/円 10日間

トルコリラ/円 10日間

以前から私はトルコには厳しい意見を書いています。

 

まずは今日の米国がどうなるかで明日の動きが決まるでしょう。
明日の日本市場がどう動くか楽しみです。

先週の記事

2019年4月4週目の成績発表! GW後にどうなるか
今週の概況 こんにちは、くろたろうです。 日本はいよいよ今日から10連休ですね。皆さんはどこかにお出かけでしょうか? 私は特に遠出はしません。正確には遠出する予定だったけど、航空券の名前を取り間違えて、訂正が出来ないので、おじゃんにな...

主な保有銘柄と今週のトレード状況

今週は休場。先週と変わりありません。

2019年の実現損益累計:+4.12万円

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました